【編み図】ふくろうのあみぐるみをかぎ針編みで作ろう

度々IKEAで買った家具のレビュー記事を書いている通り、私はシンプルで暖かい感じの北欧インテリアが好きなのですが、今回はそんな北欧テイストのお部屋にも合う編みぐるみを作ってみました。

さて、今回は何のあみぐるみを編んだのかと言いますと、ふくろうです。私の個人的な感覚かもしれませんが、ふくろうの小物って北欧っぽい気がします。ふくろうがどの地域に多く生息しているのかは知りませんけれども・・・

今回も無料編み図を作ったので公開しようと思います。

ふくろうの編み図

用意するもの

・かぎ針 5号~7号がおすすめ(私は7号で作りました)
・毛糸4色(今回私が使ったのは、茶色、緑、白、黄色です。)
・プラスチックのぬいぐるみ用の目(9mm)

ふくろうのあみぐるみ、出来上がりはこんな感じです。可愛くできたと自分では思ってますがどうでしょう?


目と鼻以外の色はお好みで、いろんなカラーバリエーションを試してみてください!では、以下編み図です。簡単なので、所要時間は数時間ですよ。

※このサイト編み図の著作権や見方については、うさぎの編み図の記事をご覧ください。

1. 輪の中に6回細編みをする。(6)
2. 全て増やし目(12)
3. 細編み1つ、増やし目1つを繰り返す。(18)
4. 細編み2つ、増やし目1つを繰り返す。(24)
5. 後ろ側の輪だけを拾って、すべて細編み。(24)
6. 細編み3つ、増やし目1つを繰り返す。(30)
7-17.すべて細編み。(30)
↑12段目で色を変える。
18. 細編み3つ、減らし目1つを繰り返す。(24)
19. 細編み2つ、減らし目1つを繰り返す。(18)
最後に、細編みで閉じていきます。

目(2つ)

1. 輪の中に4回細編みをする。(4)
2. 全て増やし目(8)
3. 細編み1つ、増やし目1つを繰り返す。(12)

羽(2つ)

1. 輪の中に3回細編みをする。(3)
2. 全て増やし目(6)
3. 細編み1つ、増やし目1つを繰り返す。(9)

目と羽を体に付けて、黄色い糸で鼻と体の模様を縫ったら完成です!

スポンサーリンク

フォローする