ヘアカラーを使わずレモン汁で髪を脱色してみた体験談

ここ数か月、ヘアカラーを使わずに髪を染める方法を調べていました。色黒で黒髪は重いので、ちょっとでもいいから茶色にしたいのです。なぜヘアカラーで簡単に染まるのに、そんなことを調べていたのかというと、私は顔だけでなく、頭皮まで敏感肌で、シャンプーも毎日使うとヒリヒリするレベルだからです。

私と同様、頭皮の弱い父は白髪を染めようとしたら、頭皮がただれて髪がごっそり抜けて、白髪頭から白髪の禿げ頭になってしまいました。その遺伝子を持っている者として、カラーリング剤は危険なイメージがあって怖いんですよね・・・

ヘアカラーを使わずに髪を染める方法として見つけたのは、ヘナ・コーラ・オキシドール・レモン汁の4つです。この中で、ヘナは自然染料として有名で体験談も多いですが、黒髪から色を付けるのはできないそうなので却下。コーラ・オキシドール・レモン汁は脱色効果があるということで、この3つの中でたまたま冷蔵庫の中にあったレモン果汁を試してみることにしました。
レモン汁は、本物のレモンでもポッカレモンのようなレモンジュースでもいいそうです。

少数ですが、ユーチューブ上でレモンブリーチを実践してる動画もあったので、やる前に見てみました。元々が茶色い欧米の子供たちは、レモン汁で金髪にブリーチできていました。ダークブロンドからブロンドへ、といった感じです。やっぱり元々の髪色が明るいと染まりやすいんでしょうね。日本人のように元が黒髪の場合は、成功すれば赤系の茶髪になるようです。

レモン汁で髪を染めるやり方

レモンブリーチの方法は以下の通りです。これもある種のDIYですね。

1.レモン汁と水またはカモミールティーを混ぜて、スプレーボトルに入れる。カモミールティーにも脱色効果があるそうです。私はポッカレモンと水でやってみました。
2.髪の毛全体にスプレーしてなじませる。
3.日差しの強い所で、1時間以上髪の毛を太陽の光にあてる。

レモンブリーチの結果

1回やってみました。どうなったと思います?

ただ髪がギシギシのパサパサになっただけでした(泣)成功したら、ビフォーアフターで画像載せて「こんなに染まりました!」って書きたかったのですが、本当に全く染まらなかったです。

何回もやっていると段々染まっていくと言っている人もいますが、正直私はもうやりたくありません。このレモンブリーチは、レモンの成分と太陽の光の相乗効果で髪を傷めて色を抜くという原理なわけですが、紫外線による顔の肌へのダメージが結構あるんですよね。太陽光の下で1時間も立っていないといけない訳ですから。

これを10回くらいやって髪がちょっと茶色になったとしても、その分肌が紫外線でボロボロになったり将来シミになったりしたら嫌じゃないですか。なので1回でやめました。

今やってみたいと思っているのは、毛先だけ染めるグラデーションカラーです。それなら頭皮は痛まないよなぁと考えていますが、下手したらただのプリン状態で手入れをさぼってる人みたいになりそうなのが心配です。

スポンサーリンク

フォローする