アリエクスプレスで商品が届かないので返金してもらった件

中国の大手ネットショップ『アリエクスプレス』は、マスカラやブラシ、BBクリームなどコスメ用品も結構色々なものがあって、私は3か月ほど前にフェイスパウダーを注文しました。値段は300円くらいという激安の物で、商品やショップレビューは高めでした。アリエクスプレスで買い物をするときは、レビューは絶対に確認するべきです。

アリエクスプレスは、このブログで過去にも書いた通り、色々買っていてお気に入りなのですが、今回商品が届かないというトラブルにあったので、そのことについて書こうと思います。

アリエクスプレスには、バイヤープロテクション(購入者保護)というのがあって、購入者がトラブルにあっても損をしないように保障されるという仕組みになっています。そのバイヤープロテクション期間内に商品が届かなかったり、故障品が届いたりした場合は、オープンディスピュート(オープン紛争)をして返金請求をすることができます。

ちなみに、届かないというトラブルは今回が初めてですが、過去に故障品が届いたことがあるのでオープン紛争をするのは今回で2回目です。ちゃんと届いた件数の方が多いので、アリエクスプレスは危険だよと言いたい訳では決してありません。対処をした体験談として参考になればと思っています。
※関連記事:Aliexpressアリエクスプレスで故障品が届いたのでオープン紛争した件

返金されるまで

注文してから5週間くらい経っても商品が届かないので、バイヤープロテクションの期限5日前にオープン紛争を開始しました。ちなみに、アリエクスプレスには今商品がどこにあるのか見ることができる追跡機能もあるのですが、今回の商品に関しては、その機能も作動しませんでした。

翌日、ショップの担当者からメールが来て「ショップの評価が悪くなるので、オープン紛争は閉じてください。バイヤープロテクション期間を延長するので辛抱強く待ってください。発送は済んでいるのでショップとアリエクスプスを信じてください。」というような内容でした。

うーん、なんだか親切な対応とは言えないですが、急ぎでもないので言われた通り、取り敢えずオープン紛争は閉じて、待ってみることにしました。

それから5週間が経ち、再び保障期間が切れそうになっていたので、先日もう一度オープン紛争を始めて、「もう3か月も待ってます、もう待てません。返金お願いします。」という英文を送りました。アリエクスプレスの形式上、バイヤープロテクション期限延長は1回のみということになっているのか、今回はすんなり返金手続きをしてもらえました。

メッセージには、「返金するので、入金を確認したらレビューには5つ星つけてください。商品は送ったんですから。」と書いてあったので、まぁ返金してくれたことだし、そのことを書いた上での高評価なら付けてもいいかなと思っています。

実際届いて写真を載せているレビューも多いショップでしたし、配送会社側の問題の可能性も高いとは思います。でも、こっちは3か月も待ったのだから、謝罪の言葉があってもいいのにと少し思いました。自分が悪くなくてもお客さんに謝るというのは、日本の文化なのであって、外国でのネットショッピングではそれは期待してはいけないのかもしれません。