BLEACH(ブリーチ)の隊長の強さランキング

漫画・アニメ『BLEACH(ブリーチ)』には、死神や破面(アランカル)、滅却師(クインシー)、仮面の軍勢(ヴァイザード)、人間どれも魅力的なキャラクターが盛りだくさんですが、今回の記事では死神の中から現旧の護廷十三隊の隊長の強さランキングをまとめました。

連載終了時点での隊長(復帰した平子真子・鳳橋楼十郎・六車拳西・矢胴丸リサや、昇格した朽木ルキア・射場鉄左衛門・虎徹勇音を含む)、尸魂界篇での護廷十三隊の隊長、および過去篇で隊長だった四楓院夜一・浦原喜助・愛川羅武がランキング対象になります。

強い隊長、弱い隊長は誰でしょうか?見ていきましょう。



BLEACH(ブリーチ)の隊長強さランキング

勝率や隊長歴、対戦相手の強さを考慮してランキングを作成しました。異論もあるかと思いますが、参考までにどうぞ。

11位~23位

下位からの発表です。

23位 虎徹勇音(四番隊隊長・元四番隊副隊長)

4番隊のため戦闘のシーンがほとんどありません。尸魂界篇では、一護に対して始解「凍雲」をしましたが、素手で突かれて簡単に敗北しています。

22位 射場鉄左衛門(七番隊隊長・元七番隊副隊長・元十一番隊)

ほとんど活躍はなく、最終的には隊長になっているにもかからわず斬魄刀の名前すら不明です。空座町での決戦で、ポウに一角が負けたことで始まった転送回帰を止めるために役に立ちましたが、戦闘では常に狛村隊長の補佐的役付けです。

21位 東仙要(元九番隊隊長)

尸魂界篇では、卍解『清虫終式・閻魔蟋蟀』で剣八と対戦しますが負けました。藍染の下について、虚化と刀剣解放『狂枷蟋蟀(グリジャル・グリージョ)』まで身に着けたものの、空座町での決戦で副隊長の檜佐木修兵に負けてしまいます。

20位 狛村左陣(元七番隊隊長)

卍解『黒縄天譴明王』は大きさの割にはあまり強くありません。空座町での決戦でポウには勝利しました。バンビエッタとの対戦では、人化の術にて人間の姿になって勝利しましたが、獣の姿になってしまいました。

19位 砕蜂(二番隊隊長)

戦闘シーンは結構あるものの、勝率は高くはなく、あまり強いイメージはないです。可愛いですし、キャラも面白いので好きですが。

尸魂界篇では夜一に負け、破面篇ではジオ=ヴェガに勝ち、バラガンには卍解『雀蜂雷公鞭』をもってしても叶わず。嫌っているハッチのおかげで助かりました。その後、始解『雀蜂』で藍染に立ち向かうが、全く効きませんでした。

星十字騎士団のBG9(ベー・ゲー・ノイン)には、卍解を奪われましたが侵影薬によって取り戻して勝利。

17位・18位 矢胴丸リサ(八番隊隊長・元八番隊副隊長)・愛川羅武(元七番隊隊長)

リサはひよりと日番谷と共に、アランカルのナンバー3ハリベルと互角に戦いました。2人とも藍染には玉砕。虚化もできますし、そこそこの実力はあると思いますが、戦闘シーンは少な目です。

15位・16位 鳳橋楼十郎(現・元三番隊隊長)・六車拳西(現・元九番隊隊長)

2人とも卍解も虚化もできますが、目立った活躍は無し。楼十郎(ローズ)は愛川羅武(ラブ)と共にアランカルナンバー1のスタークと互角に戦いました。

拳西は、ワンダーワイスに卍解『鐵拳断風』で立ち向かいましたが、はっきりとした勝敗は描かれず。その後ワンダーワイスは総隊長の元へ姿を現したので、恐らく拳西は負けたのだと予想できます。

星十字騎士団との戦いでは2人ともグレミィに殺された後、ジゼルによりゾンビ化してしまいます。

14位 朽木ルキア(十三番隊隊長・元十三番隊副隊長)

零番隊に修行に行くまでは、あまり強い印象はなく並の副隊長レベルでしたが、千年血戦篇では卍解『白霞罸』でエス・ノトを倒したのでこの順位。

13位 平子真子(五番隊隊長)

グリムジョー・ジャガージャックと対戦した時は、虚化もして、すごく強そうな印象だった平子。『逆撫』の始解は有能ですが、卍解は最後まで分からず。

破面篇以降、特に目立った活躍はないですが、マイナス要素もこれと言ってなし。

12位 浮竹十四郎(元十三番隊隊長)

本気で戦っているシーンがほぼないので難しいです。尸魂界篇で総隊長と、破面篇ではスタークと対戦していますが、どれも卍解していません。浮竹隊長の卍解が見たかったです。

ワンダーワイスの不意打ちに反応出来なかった(浦原は反応できた)ので、すごく強いという訳ではなさそうですが、京楽と並んで長年隊長をやっているということでこの順位。

11位 日番谷冬獅郎(十番隊隊長)

尸魂界篇の途中までは、天才児ということですごく強いんじゃないかと思って見ていましたが、破面篇ではハリベルを倒すまではいかず。

しかし千年血戦篇で、「ちょっと老ける」バージョンで強くなったのでこの順位。

1位~10位

トップテンは以下の通りです。

10位 朽木白哉(六番隊隊長)

尸魂界篇では、白哉が一番強いんじゃないかっていうくらいの描写でしたが、その後上には上がいることがどんどん明らかになっていきました。

千年血戦篇では名言(?)「すまぬ」の敗北の印象の方が強いですが、霊王宮で修行を経て最終的に以前より強くなりました。

9位 四楓院夜一(元二番隊隊長)

なぜ斬魄刀を使わないのか、持っていないのか最後まで謎だった夜一。
斬魄刀を使わずにあれだけ戦えるのはすごいです。決め技は『瞬閧』。

8位 卯ノ花烈(元四番隊隊長)

ちゃんとした戦闘シーンがありません。剣八相手の戦いは、稽古のようなものですし・・・
破面篇などで卯ノ花さんが敵と本気で戦うところが見たかったです。

最強の初代護廷十三隊のメンバーですし、きっとすごく強いだろうということでこの順位。

7位 更木剣八(十一番隊隊長)

卯ノ花さんとの対戦に勝ったのでこの順位。ただ、千年血戦篇ではちょっと情けない感じでしたね。卯の花さんの命を犠牲にしてまでしてやっと卍解を取得したのに使いこなせないという・・・

6位 京楽春水(一番隊隊長・元八番隊隊長)

山本総隊長の死んだ後に、総隊長に選ばれました。破面篇では最終的にスタークに勝ち、千年血戦篇ではロバート・アキュトロンに敗北し、眼帯をつけることとなりました。その後のリジェ・バロとの戦いでは伊勢七緒と協力して、なんとか勝利しました。

5位 市丸ギン(元三番隊隊長)

一護の『最後の月牙天衝』習得前に対戦して、一護よりも優勢でした。卍解『神殺鎗』を、崩玉と融合する前の藍染に使っていれば、勝てたと思うのですが・・・

4位 山本元柳斎重國(元一番隊隊長)

1000年以上総隊長よりも強い死神は出ていない、という設定です。
藍染との対決では負けてしまいましたが、藍染がワンダーワイスを「流刃若火」に特化させる前なら倒せたかもしれませんね。

3位 涅マユリ(十二番隊隊長)

とても有能です。千年血戦篇でのネムとの共闘は素晴らしいです。尸魂界篇で石田には負けていますが、それ以外は強さを見せています。特に最終章ではゾンビ化解除など大活躍を見せました。

2位 藍染惣右介(元五番隊隊長)

崩玉と融合する前から圧倒的な強さを見せていた藍染。尸魂界篇では、卍解した日番谷や駒村、一護をあっさり倒しています。

1位 浦原喜助(元十二番隊隊長)

破面篇で最終的に藍染を倒すことができたのは、浦原のおかげですね。初期から最終章まで有能感が常にありました。最後生きているのか死んでしまったのか、確かではないのが非常に残念です。

スポンサーリンク

フォローする