ふわふわ毛糸と棒針編みのあみぐるみ編み図

今までかぎ針編みの編み図ばかりを紹介してきましたが、今回は棒針編みで作る簡単で可愛いあみぐるみの作り方をご紹介しようと思います。

棒針編みの超初心者向けです。というのも、私自身も棒針編みを始めたばかりで、初めての作品として作ったのが今回のあみぐるみなんです。表編みだけで編んでいく棒針編みの基本中の基本『ガーター編み』さえ知っていれば可愛いあみぐるみができちゃいます!

うさぎのあみぐるみ

さて、今回作ったのはうさぎのあみぐるみです。以前かぎ針編みのうさぎのあみぐるみの編み図を紹介しましたが、今回のうさぎの方がより3Dっぽいというか、リアルなうさぎに近い出来上がりになっています。

特に後ろ姿が可愛くできました。これが結構好評で、立体的な分難しく見えるようですが、本当に簡単なんですよ。

作り方

では、作り方を見ていきましょう!作るのにかかる時間は、慣れた人なら1時間もあればできると思います。

編み図というほどの複雑さはありません。ガーター編みで正方形になるように編んでいきます。
今回私は、18目18段で作りました。

棒編みで正方形に編んだら、赤い線の通りに毛糸で縫っていきます。


縫った毛糸を引っ張れば、耳と頭の形が出来上がるので、頭と胴体に綿を詰めて、目(12ミリ)を付けます。
そして、胴体の開いた部分を毛糸で縫って閉じていきます。
最後に、並の太さの毛糸で鼻を縫って完成です。

使う毛糸は、ダイソーの『もこカフェ』などのもこもこ毛糸や超極太のふわふわ毛糸がオススメです。並の太さの毛糸で作るといかにも初心者といった感じの出来上がりになってしまいます。

スポンサーリンク

フォローする