かぎ編みで簡単!ぷっくりお花(モリーの花)の編み図

かぎ編みの編み図シリーズ。今回は、つなげ方次第でブランケットやカバン作りなど応用の利く『ぷっくりお花モチーフ』の編み方をご紹介したいと思います。このモチーフは、別名「モリーの花」とも呼ばれている、立体で可愛いお花です。

今までこのサイトで紹介してきたあみぐるみやコースターの編み図では使わなかった玉編みを使うので、初心者向けとは言えませんが、一度マスターしてしまえば見た目以上に簡単ですし、時間もかからないのでオススメです。

ぷっくり花の編み方

出来上がりはこんな感じです。立体のモチーフって可愛いですよね!セーターや帽子の飾り、髪飾りなど、子ども用の手作り作品にも使えます。

左端の数字は段数ではないのでご注意を。

作り方

1.まず輪の中に黄色い毛糸で細編み6目を編みます。

2.毛糸の色をピンクなどお好きな色に変え、立ち上がりくさり編み3目、最初の目に玉編み(長編み5目)1つ、くさり編み4目を編んだら、同じく最初の目に引き抜き編みをします。

3.次の目以降も、くさり編み3つ、玉編み(長編み5目)1つ、くさり編み4つ、引き抜き編み、を繰りかえします。

4.6目分編むと、花びらが6つできるので、毛糸の始末をしたら完成です。花同士を繋げていく場合は、花びらの色の毛糸は残しておいて、それを使って花びら同士を縫い合わせます。

沢山作って繋げる場合は、配色次第で可愛い系や大人っぽい系など個性も出せちゃいます。四角モチーフのグラニースクエアやモリーの花は、色の組み合わせを考えるのも楽しみの一つですね。

同じく立体お花モチーフのバラの花の編み図も興味のある方は合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする