敏感肌だけどニベア青缶ガッテン塗りを洗顔後にやってみた

敏感肌の私は今まで沢山の化粧水や乳液、ホホバオイルなどのオーガニックオイルを試してきましたが、どれも肌に合わず、ヒリヒリして痛いし、赤くなってしまいました。

そういう経緯もあって何もしないスキンケア、肌断食をやっているわけですが、外出などでせめてアイメイクだけはしたいなと思ったときに、化粧水すらしていない肌にアイメイクをすると、当たり前ですが浮くんです。

化粧水と乳液はどうしても肌に合わないので、洗顔後の肌に直接下地やファンデーションをしてみましたが、乾燥肌なのもあり、全く化粧がのりませんでした。そんなある日、ネットサーチをしていたら、お化粧はニベア青缶とベビーパウダーだけで美肌だという方のブログを見つけました。ニベア青缶ならクリームだからアイメイクもちょっとは馴染みそうだし、カサカサした感じを隠す効果もありそうだと思ってやってみることにしました。

ニベア青缶を顔に塗る

ニベア青缶といえば、ハンドクリームというイメージしかなくて、顔に塗ってもいいのか抵抗がありましたが、高級クリーム「ドゥラメール」と成分がほとんど同じということで結構話題になったらしく、夜用スキンケアや下地としてだけでなく、メイク落としや顔パックに使っているという人もいるそうで、ちょっと驚きました。

さて、私もさっそく洗顔後の何もしていない肌にクリームを直塗りする「ガッテン塗り」をやってみることにしました。青缶と書きましたが、実際使ったのはチューブの方です。中身は同じなので、たまたま家にあったほうで試してみました。

一晩寝てみた感想

いきなりメイク代わりとして塗って外出するのは勇気がいるので、夜の水洗顔後にニベア青缶を塗って寝てみました。

塗った直後はちょっと肌が突っ張るかなぁという感じでしたが、化粧水と乳液を使ったときより使用感は良かったです。赤くならないし、痛みもありませんでした。次の日の朝、洗顔するときも肌が柔らかくなっているのを感じました。
ただ、私はTゾーンだけは脂性肌なので、その部分に数日後吹き出物が増えました。なので、私は夜のスキンケアとしては毎日ではなく、乾燥が強いときだけの方がいいなと思いました。

関連記事:ニベア青缶だけで化粧下地代わりになるのか塗ってみた

フォローする